「一塾」オンラインカウンセリング/教科指導

無料相談実施中

訪問カウンセリング

オンラインカウンセリング

「一塾」個人指導

新型コロナウィルスが、日本中の経済、システムなど様々なものが日々変化しています。日常の生活様式も変化しなくてはいけない時期に来ました。 教育もその大きな一つです。「オンライン教育」という言葉が毎日飛び交い、教師も生徒も新しいプログラムに必死にしがみつき、手探りで学習しているのが今の日本の現状です。教育やカウンセリングもその形態が大きく変化しました。「一塾」は、直接指導・オンラインシステムを活用して、様々な教育内容の個人指導のスタイルです。

一塾

いじめや不登校、教育はかなりの危機的状況といえます。教育の目的は? 一言で言えば、「子どもの自立」です。もう少し詳しく言えば、昔から継承された文化を伝え、新たな時代を切り開いて行く力をつけるために、大人達から贈られるメッセージであり、社会的な人間形成システムです。そしてこのシステムが「学校」です。しかし、この学校教育が問われています。学ぶ主体である、子ども達の意思や思いとは無関係に一方的または、強制的に詰め込まれるために、子ども達が「受動的」になってしまい、学ぶ意欲を失ってしまう事実が明らかになりました。直接的な経験や体験の代わりに、間接的な情報や知識だけが重要に扱われているために、子どもの「生きる力」を枯渇させてしまいました。そのために、現実の「学校教育」を拒否し登校できない子ども達が増えてきました。そして、学校らしくない学校が必要になってきました。それが、「フリースクール」「居場所」です。しかし様々な理由でそれらの場所にも行けない子ども達がたくさんいるのです。

令和になり「普通教育機会確保法」のもと、学校復帰を前提とする旧通知が廃止されました。この問題解決に35年もの年月が費やされました。
これらの問題を解決するためにカウンセリングと学習のフォローをするのが訪問(オンライン)カウンセリングの「一塾」です。
また、現役埼玉県私立高校教師が英語指導を行います。小・中児童、生徒には、基礎学力の不安をお持ちのお子様や御父母の方たちのため、学年にとらわれず、基礎学力を個人指導していきます。また、大学受験の英語が見直されています。高校生・中学生対象の英語指導を実施します。
「不登校」「ひきこもり」や様々な理由により学校に行けない子ども達のためにカウンセラーと教師の資格を持った先生が各家庭を訪問または通塾し、子どもと直接話し合い、学習や様々な悩みなどを解決して行くシステムです。エリアは埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県、群馬県が範囲です。ご質問は、メールやお電話でお願いいたします。


Copyright ©2020- hitorijuku. All Rights Reserved.